太陽光発電を考える

東日本大地震においての福島原発事故以来、エネルギーへの関心が高まりこのままではいけないと言う雰囲気にもなった日本、環境に良いエネルギーへの推進が言われました。
ここで環境に良い、クリーンなエネルギーとした紹介されたの太陽光発電でした。
自然再生エネルギーと言うことで、安全であり人にも優しいと言うことで、多くの人の設置が期待されたのです。
ですが問題もありました。
日照時間の問題と設備投資の金額が大きくなることで、二の足を踏む人も多かったのです。
そんなことから国や地方自治体が補助金を出すことで、設備投資がしやすい形になりました。
また家庭で余った電力を電気事業者に売電が出来ると言う特殊な方法を取り、設置した方の負担を減らす方法を取ったのです。
その結果、日本全国の家庭で設置が見られるようになりました。
北は北海道から九州・沖縄までの家庭での設置が見られるようになりました。
また不思議なことかもしれませんが、日本で一番に日照時間のあるところは、山梨県と言われているのでした。
沖縄のイメージが強かったのですが、違いましたね。